FC2ブログ

Photo Gallery

科学館2

昨日は、孫二人を連れて橿原万葉ホールにある科学技術館に行きました。
窒素の科学実験をやっており、マイナス190℃の世界がどんなものかという体験をしました。
バナナをその窒素の中に入れるとかちこちになり、
そのバナナで板と板を金づち替わりにして釘を打ち付けたり、
カーネーションを凍らせて花弁を触るとパラパラと粉々になったりと、
それは一人ずつ体験させていただきました。

スポンサーサイト



去年から今年にかけて次女が隣の母家をリフォームしているので、
毎年お盆とお正月に家族旅行に行っているのですが、今年は時間が取れずどこにも行かずじまいでした。
初詣は三輪さんに行きました。車は混むだろうと思い今年はJRで。
畝傍の駐車場は駅のすぐ前にあり、三輪さんまで10分程で行けます。車で行くにあらずです。

畝傍駅前の駐車場

三輪さん
先日、新年会を兼ねてパソコンサークルより食事会に行ってきました。
冨元憲吉さんの生家をリニューアルした宿泊もできる古民家レストランです。

25.jpg

   10.jpg       10-1.jpg

今日はパスワードをまとめる勉強会でした。
いろんなサイトに飛べる様にハイパーリンクをし、
エクセルを使ってパスワードやIDを一目でわかる様にまとめました。

忘れているので、思い出すのに苦心惨憺です。

昨日、母の命日でもあるので、娘家族と一緒に実家にお供えを持ってお仏壇にお供えをし、姪と居間で立ち話をしていたら、
8歳の孫が応接間の方を見て「あれっ!誰か・・・。」と
言いかけましたが、気にせず話をしていると、またまたその孫が「あっ!女の子が通った!」
と言ったので、私たち以外に誰もいるはずがないので、不思議に思い、
どんな子やった?と聞くと
「おかっぱ頭で着物を着ていて、膝位までの短い着物やった。」とはっきりと答えたのです。
女子

丁度こんな感じの女の子でしょうか。
娘が、それは座敷わらしやわ と言いだし、調べてみると、それは見た者に幸運をもたらし、
家に富をもたらすとの伝承があり、決して怖いものではないとの事。
8歳になる孫は、もう分別のつく年であり、決して嘘をついている様にも
幻を見ている様にもみえませんでした。
だとすれば、本当にそんな不思議な事があるのかなぁと、感じ入りました。
母の命日だったので、きっと母が霊界からいつも見守っているよと、
メッセージを送ってくれているように感じました。 
夏の日の不思議な出来事でした。

WHAT'S NEW?