fc2ブログ

蘭のブログ

普茶料理

  1. 2014/05/19(月) 22:35:10_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:5
久しぶりにブログを開けました。
今日は天王寺の茶臼山にある普茶料理の「阪口楼」 に行ってきました。
普茶料理とは中国の隠元禅師により広まった精進料理です。
DSC01989.jpg

茶臼山といえば戦国時代、大阪冬の陣、夏の陣が繰り広げられた地で
真田幸村が徳川家康に壮絶な戦いを挑み、最後を迎えた場所でもあります。
そんな思いを携えて、料亭『阪口楼』を目指して歩いていると、その料亭の付近一帯が
ラブホテルばかりに囲まれており、びっくりしました。
茶臼山で眠っている戦国武将たちは、どんな思いでその光景をみているのでしょうか。

DSC02014.jpg     DSC02013.jpg
 通された部屋            窓からの景色

DSC01995.jpg      DSC01997.jpg   
ごま豆腐とゆばの造り         お吸い物

DSC01998.jpg     DSC02002.jpg
大根の柚子みそかけ         八寸盛り合わせ
DSC02004.jpg     DSC02005.jpg
五種揚げ               水ナスと仙台麩の胡麻酢
DSC02009.jpg
     DSC02011.jpg
御飯と赤だし              あんみつ

以上がお料理の全てです。
八寸にある梅は、赤い色をしているにもかかわらず、口にすると何ともいえない上品な甘さで
塩出しをしてから時間をかけて甘く煮たもの。
水ナスの胡麻酢はとてもこくのある味で、お汁まで全て戴いてしまいました。
一つ一つのお料理に手が混んでおり、手間ひまをかけて、もてなして頂いているんだなというお料理でした。
御馳走様でした。




スポンサーサイト




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY